2010年08月15日

眉太郎追悼記念式02

追悼記念式第2回をお送りします。

 まずは、朗読「やどなし犬二章」を、よかったらポチってください。
 もう、50音がボロボロで、読みも内容も悲しいですが…。

 

 最後のおいおい泣いちゃう肉屋の主人が不憫でなりません。


 さて、1999年に高槻市天川新町に引越し、晴れて眉太郎を実家から
戻すことになりました。

 1999_01.jpg
 この写真はたぶん、1999年から2001年にかけて、淀川の河川敷にて。

 1999_00.jpg
 おそらく、同じ河川敷。

 2000年から2002年にかけてわたしにとっても波乱万丈なときを過ごしました。
 5年間通った職場を辞めたこと、不況が本格化or三十路突入、就職できず仕事が
見つからず、経済的困窮、愛していたはずの人との別れ・・・。

 ここに2001年の古い日記がある。当時わたしのウェブサイトに、半ば隠れページとして
記しておいたもので、その中に眉太郎が悪漢に襲われるという事件があった。

西暦2001年10月27日
 昨日の21:00時頃、わが愛犬が酔っ払いらしき男に襲われた。
幸い愛犬に怪我はなく、攻撃から逃げまくっていたようであるが、
元来やさしい子なので、凶悪犯とはいえ人間を噛んだりはしないのだ。

 現場はガレージ横のコンクリートが本来とはおかしな位置にあり、
犬小屋の中には、植木鉢の土とコンクリートの破片が押し込まれ、
一階玄関前は植木鉢の土が散乱している。
もし、わたしの帰宅が21時以前であれば、ガレージに駐車していた
ジムニーはどうなっていたであろうか・・。
考えてもゾッとする。

 事件の目撃者は2名、先に帰宅していた同居人と、
正面の文化住宅に住む女性。
居人がその女性から聞いた情報によると、犯人は一ブロック先の路地裏に
住んでいる「おっさん」であるということだった。
とりあえず警察を呼べばなんかしてくれるかと思い、110番した。
110番なんて初めてかける番号だった。

  30分後、警察バイク隊到着。
ポリスの言うことには、犯人は近所の人のようだから、
いがみ合うのもどうかと思うとか、夜も遅いから捜査できないとか、
あげくのはてには犯人の顔を見ている人がいるのだから、
「住所が判明したら連絡してくれ」といい残し現場を去っていった。
役に立たない警察だと聞いていたが、
本当に役に立たないことを実感した。

 近所の人が犯人だからこそ、捕まえて、更生させなければ
こちらの生活が脅かされるのである。こんなポリスに、
我々の血税が使われているのかと思うと、大変腹立たしいことである。

 結局この27日に、警察に代わり自分で捜査しなければならなくなった。
(仕事が休みだからいいようなものの、平日だったらどうしてくれる)

 2003_00.jpg
 襲われた眉太郎氏(2003年頃撮影)。

捜査第一段階

 現状分析を行った。
現場は先の通りだが、コンビニのオニギリが転がっている点を追加。
オニギリ(本かつお)を犬にやろうとして吼えられたので、逆上したのか?
オニギリ以外の遺留品はなし。目撃情報だけが頼りである。

 目撃者である同居人はあまりの恐怖で、協力を求められない。
そこでもう一人の目撃者である女性が頼りなのであるが、
どの部屋に住む誰なのか判らない。同居人はあまり近所付き合いがないのだ。

 この女性が誰なのか、正面の文化住宅で聞き込みをした。
捜査の結果、文化住宅の2階住むIさんであることが判明した。
しかし、本人の姿はなく家は留守であった。
現場の隣に住むTさんは事件のあった夜は、帰りが遅く、
事件を目撃してはいないが、Iさんは近くのスーパーに勤めているという有力な証言をしてくれた。
丁度、朝食のパンを切らしていたわたしは、買い物ついでにIさんを求めて、スーパーへ赴いた。


 果物売り場で客の相手をしているIさんから話しを聞く。
目撃した犯人は中肉中背、青い服を着て、スポーツ刈りで人相がめちゃ悪いやつ。
歳は「おっさん」という言葉が丁度当てはまる年齢。

 当初の情報どおり、一ブロック先の路地裏に逃げたらしい。
このIさんスーパーでの仕事が15時までなので、協力を求めるのはそれ以降になりそうであった。

とりあえず単独で一ブロック先の住宅に、犯人像が合う人物を求め、聞き込みを開始した。

 しかし、人物像に当てはまる人物はいない。
そういうことをやりそうな人物は、心あたりはないという住民からの意見であった。
捜査は振り出しに戻った。

 ここで情報を整理してみよう。


・犯人は中肉中背、おっさん、人相悪い、スポーツ狩り、青い服を着ている。
・犯人は路地を通り道にしている、全く別区域の人間である可能性
・犯人は頻繁にコンビニを利用している?
・現場に残されたオニギリは賞味期限27日AM2時のもの。
・犯人は徒歩である。

 もし、コンビニでの目撃証言を得られ、しかも、良く見る人間であれば網を張れるはずである。
現場に一番近いコンビニで賞味期限27日午前2時のものを、26日の夜に販売しているかも問題である。
また、酔っ払っている可能性があるので、どこの酒場で飲んだかも気になるところである。
近くの居酒屋を聞き込むことも考慮に入れる。


捜査第ニ段階

 コンビニの目撃証言を求めて、犯人が歩いてきた経路に最も近いコンビニAを訪ねる。
しかし、27日夜の店員はいなく、28日の日中ならいるとのことだった。
また、現場に残されたオニギリ(本かつお)が27日夜に販売されているものかの特定も
お願いしておいた。

 午後3時30分。Iさんと合流。一ブロック先の路地裏で聞き込み。
しかし結果は同じ、該当する犯人はいなかった。


西暦2001年10月28日
貴重な休日が、クソいまいましい犯人のおかげで台無しである。というわけで昨日の続き。

 午前11時、コンビニAから捜査開始。
店長から話しを聞く。賞味期限27日AM2時のオニギリ(本かつお)は
26日24時、
つまり賞味期限の2時間前に廃棄されるもので、犯行時刻前に販売されている可能性があることが判明。
問題はオニギリは犯行時刻前1時間以内
に実際に売られていたかどうか?
結果はNG。コンビニでは一日に3回の商品搬入があり、早朝5時、朝10時、
夕方17時がその搬入時刻である。
オニギリ
(本かつお)は朝10時に搬入され、夜の間中まで陳列されなければならないのに、
昼の14時に売り切れてしまっていた。念のため犯行時刻1時間前の防犯ビデオの
チェックを依頼し店を出た。

犯人の経路を無視すれば、現場から最も近い同系列のコンビニBを尋ねる。
幸いなことに、オニギリ(本かつお)は犯行時刻の一時間以内に売られていることが判明。
犯人がこのコンビニを利用したことはほぼ確実である。
あとは防犯ビデオのチェックを依頼し、犯人像に該当するものが映っていれば、Iさんに確認し
てもらえばよい。
やっと、この目で犯人を拝めることができる! ビデオのチェックを依頼し店を出た。

午後2時、最初のコンビニへ電話をかける。やはり犯人像に該当する人物は映っていなかったという話しだった。
オニギリを買ってないとはいえ、酒類も置いている店なので、期待はあったのだが・・。

捜査報告のためIさん家へ。Iさんの詳細な話しから、犯人の歩いてきた方向と、
実際にオニギリを買っていたコンビニと方向が逆である。
また、現場に転がっていたオニギリは犬にあげようとしたのではなく、
犬に「投げつけた」ものであることが判明。

26日わたしが帰宅した時点では、オニギリの包装は不完全ながらも、飯本体を包んでいた。
つまり犬にあげるなら、包装は完全にはがれているはずである。犯人は、わざと遠回りをしたり、
自分のお金で買ったオニギリを投げてぶっつけたり、ガレージ脇においてあった
コンクリートブロックで犬小屋を攻撃したり・・・あと手当たり次第の物体を犬に投げつけていた模様である。

なんとも異常な行動だ。
犯行が続いていれば、わが愛犬は殺されていただろう。
「早くとっ捕まえて、一発殴らせろ!!」と思っていると、わたしのPHSがうなった。

 先のコンビニBからの連絡だった。店長の話しでは、ビデオテープを回すのを忘れていたとのこと。
ここまで来て、捜査は行き詰まった!
  この近辺で顔の広いIさんによると、このコンビニBの店長は、気が弱い人で、
未青年丸出しの酔っ払い少年に酒のアテを売り、注意一つしない腰抜けだそうだ(Iさん談)。
 ビデオテープをまわしていないなんてウソに決まっているという。
わたしはコンビニBでは、買い物はしないことを心に誓った。
(このコンビニは数年後に潰れ、位置を少し移動して違うオーナーで再開しています)。

 ところで、この防犯ビデオは店の関係者しか見ることはできない。
コンビニ本部の許可が下りれば、関係者以外の人間に見せても良いとか、
警察の正式な捜査令状が必要であるとしてみたり、店の経営者によって結構ばらばら。
事件に巻き込まれたくないとかいう理由で、ビデオが回ってなかったとか、消してしまった
とか陳腐な言い訳で、捜査を断るケースもあるそうだ。なんとも困った話である。

捜査第3段階

 警察に連絡し捜査内容を話す。
なんで民間人のわたしが、土日つぶして捜査しなければならないんだ! 
とか、本来、警察の仕事だろう! とか真っ向から怒りをぶつけてキレてしまった。
民間人に捜査させるなら、一時的に警察権限を与えるとか(インスタント刑事か・・面白いな)
仕事をつぶす場合なら収入を保証するとか考えろよな。

 結局、被害届けを出しに警察へジムニーを飛ばす。
被害届けを出さなければ、犯人を捕まえても逮捕できないとか、
26日にポリスが来たときにはそんなこと言わなかったぞ・・とか思いながら、
刑事課で事情を話す。
で、犯人を捕まえるために張り込みとかするのかを問いただすと、
「見てのとおり刑事課は人が少なく、そんな余裕はない。警官にパトロール
を重点的に行うように注意するだけだ」という話。

 やっぱり役に立たないんだねぇ警察って。

 被害は植木鉢300円相当なり。

 わたしと目撃者、近隣住民の不安、愛犬の精神的苦痛を考えれば、
100万円くらい犯人からむしり取らなければ気が済まない気分だ。

 その後の近所の人の話しによると、その犯人像の人物は、ちょこちょこ目撃されており、
この近辺を当てもなくうろついている事があるという。
コンビニBでも、犯人を見かけたら連絡をくれるようお願いしたし
(期待はできない、腰が抜けてる店だから・・)
Iさんへの連絡も可能にした。
 平日の夜には可能な限り、張り込みを続けるし、
住民らが協力すれば犯人の住所もわかってくるだろう・・
(そのときはIさん確認後、一発殴ってやる。

えっ? 仕返しが怖いって? 人の生活を脅かすことが
どれだけ罪になるかを思い知らせてやる!)

 わが愛犬は、とりあえず家の中へ住まいを移すことにした。

 今回の捜査で見事犯人逮捕とは行かなかったが、コンビニAの店長、
店員と知り合いになれたし、それなりに有意義ではあった。警察は役に立たないけど、

 実際は人材人手不足なんだなぁとも感じた次第である。

 さて、以上が当時の事件の抜粋です。
 さすがに10年ほど前の自分は、なかなか正義感はあるのは結構ですが、喧嘩っ早くてイカンね。

 高槻市天川新町のファミマっていったら一軒しかないし(オーナーはチェンジ)、もうひとつの 
 明野町にあったファミマも今はありません。

  話を元に戻します。
  わたしは晴れて同棲生活という汚れた習慣から解き放たれ、
  一人身+αとなったわたしは、高槻市の大冠町へ拠点を移します。

  ここでは2002年5月から2009年12月1日まで住みました。
  このブログでも分かりますが、ねずみが出たり、水が漏れたりと散々でしたが、
  眉太郎をいじめるような悪い住民はおりませんでした。
 
  しかし、住み始めた2002年度中、隣人の犬が騒がしいせいか、
  つないである鎖をはずされる事件が発生しました。
 隣人の二匹の犬共々、眉太郎まで一緒にはずされたんです。

  幸い事故に遭うこともなく、事なきを得ましたが、なかなかどうして、
犬嫌いな住民はいるわけですよ。でも犯罪はよくない。
 犬にもしものことがあったら器物破損の罪か動物愛護法違反になります。

 あとは、写真をつづりながらお話しましょうかね。

 200306.jpg
 2003年撮影9歳シニア突入!
 右側に前に死んじゃったピーちゃんがいます。
  
 2004_00.jpg
 2004年撮影。まだ若い10歳。
お前死なないんじゃないの?

 2004_01.jpg
 眉太郎の名前の由来。ライティングを工夫すれば、ほら眉毛が(笑)
 2004年撮影。

 200805.jpg
 2008年撮影。よくみりゃ老犬の貫禄なのか?

 200812.jpg
 2008年12月、死の1年半前。
 なんとなく、微妙に白内障っぽいので、
 一応、二人で記念撮影。わたし難波鷹史のまともな顔出しだけど、
劇団のページで顔割れてるし、もうどうでもいいや。
 飼い主に顔が似てるって言われるけど、わたしには分からん。

 200904.jpg
 2009年4月、少しの塩で作った焼き飯を食べる眉太郎。
 「どうだ、うまいか?!」
 この前後で沖縄行ってますわたし。

 200906.jpg
 2009年6月、初夏のまだ涼しいころ、両手があらぬ方向へ、
腕痛くないんかいな?

 この後、目が悪くなったりいろいろあったことはこのブログで紹介済み。

 20100306.jpg
 アサシン眉太郎 2010年3月撮影(アサシンはググッて頂戴)。

 201004.jpg
 2010年4月 オムツにTシャツ。
 なんか、ほんまに老人へまっしぐら、犬の老化の速さに驚かされました。
 肉球ががさがさになって、すべって立てません。
 筋力も衰えて、ハの字にしか立てなくなります。

 201005.jpg
 夜中にぜんぜん寝てくれず、朝方グッスリ。
 わたしは寝不足・・・。

 20100530.jpg
 2010年5月30日、暖かくなったので玄関に移動。
 知り合いから頂いたマクラでおやすみ中。

 20100606.jpg
 2010年6月6日撮影。
 肉のやまむら屋「犬用の骨」をかじり中。
 かなりがんばってましたが、完食できませんでした。

 この後は衰える一方で、死ぬ3日前は、まったく立てなくなり、
わたしが手で支えても、バタッと倒れてしまうまでになりました。
 食欲も急に減退しました。

  そして7月17日朝、
  ドックフードの缶詰少しと薬をなんとか口に押し込もうと、苦戦しているときに
  ガブっと右手中指を噛まれました。

  もう目もちゃんと見えなかったし、つい口を閉じたのかと思いますが、
 痛かったなぁ。

  職場の人いわく「行かないで!!」という意味なのでは? って言ってましたが、
  さすがにそんな、ドラマチックなことはないよ(笑)

  で、夜帰ってみると、冷たくなっていました(悲)。

  土曜日だったし、映画さえ行かなければ死に目に一緒にいてやれたかと思うと、
悲しいことでした。

 17年間ほんとにありがとう!!

 もう犬は飼わないことにする! (ってよく言いますが、飼う人も大勢いますね)
 こういう思いするのが、もう耐えられないから。

 トリとか魚とか、カメでいい(トリは悲しいけどまだ耐えられる)。

 また、涙で目が潤んで来た・・・。


 ところで、写真を整理してみるとスピット号はもう一度過去に子犬を産んでました。

 ppsugi01.jpg
 これが第一回目89年。7匹!
 朝起きてみると犬小屋からほにゃほにゃ聞こえるので、ドキっとして
小屋をのぞいてみると、いるわいるわ。
恐る恐る数えたら、計7匹。
 多過ぎ・・・。さすがにスピッツのミックス犬のことはある。

 実はこのとき、頭部が奇形の個体もいて、母親は小屋の隅にいるその子を無視していました。

 で、その子は虫の息でして、たぶん本能として、育てることはしないのだと
思いますが、愛情はあるようでしてね。
驚いたことに、その虫の息の子を、土に返すために取り上げようとしたら、
スピット号がくうんくうん泣くんですよ、持って行かないでくれって・・・。

「だって、子育て放棄するんだろ? このまま死んで腐っていくだけやぞ」

 で、結局土に返しました。仕方がないしなぁ。スピット号よ。

 ppsugi02.jpg
 lこれが第二回目90年? 父犬は町内の別ブロックの
 テリア系雑種。
 「放し飼いにするな」と、手紙を首輪に巻きつけて返したり、
飼い主を特定するために電信柱にくくりつけて、飼い主が探しに来るのを待ったりしました。

 相手は飼い主一家の女子中学生だったけど、こんこんと説教してあげた。

 でもダメだった。

 変な泣き声がするので、夜中に飛び起きたら、もう繫がってた・・・。
娘の親の気分というのはこういうのを言うのでしょうか。
 
 これら子犬たちは、近所でもらってくれたりしたのですが、
 ほとんどが京都の家庭動物相談所へ引き取ってもらいました。
 
 相談所の職員の方は里親子犬だと見つかりやすいそうですが、成犬の場合は難しいとか
言ってましたね。

 ppsugi03.jpg
 先代からは数えて22年間、長かったけど、お前たちはずっと相棒だったよな。

 人類の永遠の相棒たちへ感謝を捧げる

                                                   難波鷹史
posted by 難波鷹史 at 02:03| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | おくやみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

眉太郎追悼記念式01

 はいいよね。難波さん。
 「裏切らないし!」というのは、前に住んでた家の隣人が漏らした言葉。

 彼はわたしとはひとつ上の男性だが、いろいろと経験してきたようだ。
 最後まで慕ってくれる相棒・・・それが犬(いや最近では義理堅いネコなんていうのもいるけど)。

 さて、眉太郎が先月17日に死んじゃってからもうすぐ一ヶ月になります。

 彼(犬な!)をかわいがったり、見たことがある人は、ちょっとお付き合いください。

 やどなし犬でも聴きながら・・・。

 鈴木三重吉作 やどなし犬 第一章
 

 まず彼のこどものときの写真でも見ましょうか。
 時は1994年場所は京都市横大路東裏町の家賃3万3千円の年期の入った
木造アパートの一階空き地で出生。

 IMG_0091.jpg
 どれ? 分からへんわ。
 白い犬が4匹、88年から飼ってる母親犬「スピット君」から生まれました。
 上の写真は速攻もらわれていった子犬を除く残り三匹。
 たしか最初の一匹はこの横大路東裏町の一家がもらってくれたと記憶しております。

 IMG_0012.jpg
 こちら母親犬スピット号1988年生まれ。
 長岡京市に住む同級生のご近所の方からもらい受けました。

 この子はどうなったのかっていうと、眉太郎と二人だけになったときに
 引き際だと思ったのか、ノイローゼなのか分からないのですが、やせ細った
首から首輪が抜けた際に、行方不明になりました。
 捜索願も保健所にも問い合わせましたが、行方知れず。

 子犬の眉太郎と一緒に探したのも、いい思い出です。

 上の写真は失踪するちょっと前です。 
 
 IMG_0099.jpg
 生後、一年未満スピット号

 IMG_0020.jpg
 実家の玄関で涼しむ。

 IMG_0102.jpg
 若いっていいよな。
 後ろの車は父が乗ってた3代目「スバルサンバー」


 IMG_0049.jpg
 89年にはこんな母親になったり。

 IMG_0047.jpg
 実家のご近所にもだいぶかわいがられていました。
 彼女が失踪後どのように生涯を送ったのかは謎のままです。
 失踪前に避妊手術を行ったので、おなかに手術痕があります、
もしご存知の方はご一報を!!

 をおくやみ相手に戻そう。 
 IMG_0011.jpg
 しかし、見分けがつかないのです。
 3匹になって、赤、青、黄の紐をつけて識別してたのですが、
もう、眉太郎が何色だったのかは忘却の彼方でしてねぇ。

 IMG_0018.jpg
 似たような、体毛に似たような顔・・・。

 IMG_0022.jpg
 これまで、2回出産したことになりますが、
 このときの白い4匹が一番かわいかったですね。

 IMG_0043.jpg

 IMG_0088.jpg
 体全体が赤っぽいのが、スピット号の仲介をしてくれた
長岡京の友人の元へもらわれました。
 名前は「レット君」だか「レッド君」だか言ってたかな・・・。
 でも写真ではよく分かりません。

 IMG_0090.jpg
 もしかしたら、レッド君は体毛が赤っぽいので、赤い紐をつけたかも知れません。

 IMG_0093.jpg

 IMG_0094.jpg
 これら三匹の中に、手足の大きいやつがいましてね。
 同じ横大路の桂川堤防沿いに住む老夫婦にもらわれて行ったのですが、

 半年以上たって訪問してみましたら、小さなレトリバーぐらいの大きさに
なっていました。

 ここで、思いましたよ。

 父親(レイプ犯人)は大家さんところの大きな白い犬だ!!(たぶん)。

 父親候補としては、時折見かける。白い中型犬ののら犬だと思っていましたが、
 こんな大きな個体、生まれるはずがないですもん。

 そういえば、大家さん里親探しにえらい熱心だったもんな。

 IMG_0095.jpg

 IMG_0096.jpg

 IMG_0097.jpg

 で、次々貰われていったけど、最後までもらわれなかったのが、彼
 眉太郎。

 199508.jpg
 この写真は95年8月に、アパート取り壊しのため急遽高槻市に
引越しすることになった当日のもの。見分けがつく写真で一番若い。
 高槻では犬を飼えないので、仕方がなく実家に搬送。

 95年8月から99年まで、実家でがんばってくれました。
 元気がない…と父から連絡を受けたりして、様子を見に行ったりしましたね。

 苦労かけて、すまんかったなぁ。

 ちなみに実家の近所の方は、彼がスピット号だと勘違いしていたようです。
 似てるけど耳垂れてるし、オスやし(笑)

 後編へつづく!
posted by 難波鷹史 at 15:05| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おくやみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

森繁久彌氏 追悼記事

 なんがしかのわたしの心の琴線に触れながら、
ひと時の死の眠りについた人々を追悼するこのコーナー。

 今日は森繁久彌さんをお送りします。

 まぁー、映画で大活躍されてたころには、わたしは生まれていませんので、
実はそんなに知らないんですけど、ラジオドラマ「モモ」の出演者ですので
取り上げないわけには行きません。

 「モモ」の中では、時の管理人マイスター・ホラの役をされております。
なかなか威厳のある渋い声での演技でした。

 

 ウィキペディアで調べてみたら、わたしと同じ大阪府枚方市出身なんですね。

 朗読をするときは、このマイスターホラ役の森繁さんの声質もわたしのレパートリー
に入っております。演じ分けるときにいろいろと参考になります。
posted by 難波鷹史 at 13:44| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おくやみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

追悼 三木たかし氏

 久々のおくやみ記事。
 昭和がどんどん遠のきますが、そんな時代の名作曲家
三木たかしさんの追悼です。

 特撮ファンではご承知でしょうが、あの大人のドラマを意識しすぎて
メインターゲットのこどもがついてこれなくて、低視聴率で打ち切られた
名作「超人機メタルダー」の主題歌
「君の青春は輝いているか」
「タイムリミット」
も作曲しておられました。

 やたらとこども向きの作曲としてアンパンマンが取り上げられますが、
名曲はむしろこちらでしょう。
 作詞は、ジェームス三木だし、すごい力の入れようです。

 でも、曲相も歌詞も、こども向きじゃないけどね。

 いまもテレ朝のヒーローとして仮面ライダーディケイドが放映中ですが、
これが、お祭り番組という企画らしく、今年中に終了し、新シリーズが始まるそうです。
一説には、番組終了タイミングをクリスマス商戦時期から引き離すのがスポンサーの
狙いだそうですが、そもそも、新年早々番組が終了するきっかけになっているのが、
この22年前のメタルダーの打ち切りが原因なんですよ。

 いや、細かいことをいうと、82年の「宇宙刑事ギャバン」から始まったこの時間枠ですが
4年目の「巨獣特捜ジャスピオン」で月曜日の夜7時に移動になったことが、そもそもの
発端であると思うのですよ。

 で、番組途中に日曜の9時半になったのが…結局メタルダーなんですが…。
 やっぱりね、SF冒険活劇なるものはですね、日曜の朝でなく、金曜日の夜に見たいんですよ。

 で仮面ライダーでなく、新しい甲冑ヒーローがゴールデンで復活しないかなぁと熱望
するわけですけども…。

 あと、仮面ライダーなら、改造されて変身してほしいというのも、昭和人間の考える
ことなんですけどもね。

 で、三木さんですよ(話を戻す)。

 あーちなみにカラオケでアンパンマンを歌ったときにサビ以外まったく
歌えませんでした(笑)

 なんとなく知っているあの歌この歌も三木さんなんでしょうけど、明確に
しっているわけでもなく、今後ちょっと意識して、音楽に接していこうかと思います。
posted by 難波鷹史 at 13:13| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | おくやみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

追悼、野田昌宏氏

 えぇ、確かにもうお年寄りでございました。
 わたしの父と、それほど変わりません。その差は2、3歳くらいです。

 写真を東京創元社の訃報の記事を見ると、アイザック・アシモフ?
ていう感じのお顔をされておりますが、この方が、ガチャピンのモデルとも言われる野田さんな訳です。

 知人は「わたしの青春が終わった」とコメントされておりました。

 6月27日、氏の”ハミルトン著の翻訳ではない”幻のキャプテンフューチャー
 「風前の灯! 冥王星ドーム都市」が刊行されます。

 今まで、創元のキャプテン・フューチャーを買い揃えていますが、まったく読めていません。
 すみませんでした。

 日本人にSFを教えてくれた野田さんに、感謝と追悼の意を表します。


 ところで、勤務先にですね、商工会議所とかいう組織から調査依頼が来てるから、いろいろ教えてくれというので、ちょこちょことウェブで分かるようなデータを答えてあげたんですが、おかしいんだよね。

 まず、電話が非通知なのよ・・・。
 この時点でありえないよね。

 で、職種が「御社は情報うんたらかんたら」ですか?って訳のわからんことを言ってくるんですよ。
 仮に調査依頼があったとして、同じ業界なら「ソフトウェア制作・販売」とか書きますよ。

 突っ込んでやりました。

 「同じ業界の会社での調査依頼なら分かりますが、それはどこから調査の依頼なのよ!」

 「匿名なんです」

 「前にもあったけど? これ二回目ですよ!」

 「あっそうですか」

 「とにかくですね。同じ業界だったら、職種のところに、情報うんたらなんて訳の分からない職種名は書かないよ、ソフトウェア開発とかなんか書きますよ」 

 「そうですか、また調べてみます。またお伺いするかもしれません。失礼致します」

 だいたい信用調査だとしても、電話で聴けるような情報に信用なんて置けますか? 会社のデータはウェブで公開されているし、それを電話で裏を取るだけでしょう。

 商工会議所なんて、しっかりした非営利の団体でしょうし、非通知はありえないし。

 だれですか? この人たち。




 
posted by 難波鷹史 at 13:32| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おくやみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

広川太一郎 追悼記事

 まさか!? まさかですよ。

 広川太一郎死去。享年68歳(69歳の情報もあり)。死因は「がん」。
 今回はじめて人が亡くなったという理由で「おくやみ」という記事カテゴリーを作りました。

 宇宙戦艦ヤマトのこれからのゲームはだれがナレーションするんだよ!?(出るのか分からんけど)。
 復活編も、(一応)控えているのに(作ってるのか分からんけど)。

 わたしがこどものころ、香港映画Mr.Booシリーズでのアドリブ風のしゃべりに大笑いし、イギリステレビ映画「謎の円盤UFO」でストレイカー指令官の声の渋さに惹かれ・・・。

 太一郎が朗読しているという理由だけで、アローン・イン・ザ・ダークの3DO版を買い。
 太一郎がナレーションを少ししているという理由で、PS2デストロイ・オール・ヒューマンズを買い・・・。

 近作で遺作は「獣拳戦隊ゲキレンジャー」という戦隊ヒーロー番組に出てきたブタの怪人で、太一郎が声をするというので、アクション監督がその怪人のスーツアクターをするというほどの伝説の声優さんでした。
 声も昔とさほど変わりなく、衰えてないなと安心していたのですが・・・。

 わたしが好きな声優陣も、みなさん50後半から70代、これから訃報もどんどん増えるんでしょうね。
 そして、世代が変わっていくわけで・・・。

 ちなみに広川節と呼ばれる特徴あるアドリブ風吹き替えは、実際にはアドリブでなくて、ご本人が台本に書き入れているという話を聴いたことがあります。だからアドリブ風なんですね。
posted by 難波鷹史 at 18:18| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | おくやみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする