2008年03月28日

ジムニー不調

 久しぶりの更新です。
 ネタは収集してましたが暇がありませんでした。

 昨日、171号線を帰途中。
 追い越し車線に「さぁ、加速」というところでアクセルを踏み込んだら、
 
 「ぶつん」って感じのちょっとの振動があり、警告インジケーターが点灯。
 エンジンが止まりました。

 惰性で、路肩に移動し停車させ、チェック。
 点火系も目視では異常なしでガソリンもまだある。

 キーをONしても、セルは勢いよく回るけど、エンジンは掛かりません。

 jim00.jpg

 スズキ自販京都に電話すると、タイミングベルトが切れると、そのような症状になるとのこと。
 でも、タイミングベルトは去年の車検時に交換したはず。
 しかも、10万キロに一回の部品だぞ。

 とりあえず、タイミングベルトが切れてるのかどうかチェック。

 jim02.jpg
 ラジエーターの後ろにプラスティックのカバーがある。それを外すと分かるそうですが。
 暗すぎてわかりません。たとえ、原因がつかめても修理できないので、応援を呼ぶことにした。

 車検をしたなじみのガソリンスタンドに電話すると、20分後カーキャリアーで駆けつけてくれた。

 もし、辺境の地だったらJAFを使うことになるけど、わたしは会員ではないので、高いお金を請求されていたところです。

 キャリアーにジムニーを載せて出発。
 運転席から高みの見物が出来るかと思いましたが、危険だからダメって言われました(笑)。

 キャリアーが停車するごとに、異音がするので、後ろを見たら、ジムニーがキャリアーの運転席に突っ込んで来ておりました。
 ジムニーに殺されるかと思いました。

 サイドブレーキの引きが甘かったのかな。

 jim01.jpg
 
  ガソリンスタンドに到着。
 軽く点検してみますと、タイミングベルトは大丈夫とのことでした。
 おそらく、燃料系統のつまりではないかと・・・。

 もう、この車も18年目。
 7年くらい前、この車を新車で買ったんだ! ってことを若い人に言ったらば、

 「あんたはいったい何歳なの」と驚かれました(笑)

 では、また次回の更新で。

  修理工場から電話があった。
 ディストリビューターの故障でした。

 部品代33000円。 部品納入は来週・・・。

 あちこちの部品が消耗してくるなぁ、もう。

 ちなみに、ディストリビューターは、コイルで発生した高圧電流を3つ(ジムニは三気筒)に分配する装置で、分配タイミングの同期をとる為の仕組みが複雑? なようです。
 今では、ダイレクトイグニッション方式になっていて、もう過去の遺物なんすよね。デスビちゃん。
posted by 難波鷹史 at 14:30| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
彼も寿命?なつかしぃなぁ〜。あの車で来てくださいな(`∀´)なんて途中で車もう勘弁してやぁでしょねヾ( ´ー`)お大事に。
Posted by ぴよ at 2008年04月07日 09:29
 いやいや、今回はコイルだけだよ。
 これについては、続報をお伝えする予定です。四国か! いいね。
 松山に行きたいけど、主な目的以外はなんにもないところだけに、躊躇しているんだよね。
Posted by 難波鷹史 at 2008年04月09日 11:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック