2005年09月07日

ミキシングコンソール MG10/2

mix.jpg
 我が家にやってきた新生ミキサーである。当然出力はステレオなんである。実はヤフーオークションにて落札を図ったのであるが、終了5分前に一万円を超える勢いになってしまったので諦めました(敵もいやらしいね、私も同じことをやりますけど)。それでも、このブルーの美しさが忘れられず、ネットで新品送料込みで11800円という格安品を発見しすぐに注文、翌々日に送られてきました。しかしマイク入力端子はXLR端子(メス)というもので、マイクを入力するにはこのXLR端子(オス)でなければならない。持ってるマイクのケーブルの両端はわざわざ、XLR端子(メス)から普通のモノラルプラグ(オス)に変換されているのだ。

 それで、XLR端子(と相応ケーブル)が必要になるのだが、そんじゅうそこらの電気店(ヤマダやコジマ)では売っていません。これらプロユースの専門的な機材は、ギター寄りでない楽器店か、ヨドバシカメラやジョーシンなどのマニアも喜ぶ電気店でないと売ってないようです。
 私は電車賃を使って探すのが非効率であると判断し、ヤフーオークションの即決商品を注文しました。

 まあ、そんなこんなで、朗読の録音は中断しておるわけです。

 さて、このミキサーについているマニュアルは初心者に大変やさしく、ミキサーの原理がよく分かるように工夫されております。
 そこで分かったのが、バランス方式という伝送規格。これはプラスとマイナスの音声信号を送り、受け取った側が、マイナスの信号を正位相に戻して、先のプラスとミックスします。マイナス信号を正位相に戻す際に、ケーブルがノイズを拾っていたとしても、ノイズ成分だけ逆位相になってしまうため、ミックス時にノイズ成分だけが、消えてしまうという優れた、伝送方式なのです。普通に使われているオーディオ信号の伝送規格はアンバランス方式といいます。

 前に集会場の音響工事をやりましたが、そんな知識つゆ知らず。なんか気になってきました。
 
公開されているマニュアル
posted by 難波鷹史 at 00:58| Comment(3) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難波さんミキサー買ったんかなぁとか思ったらえらい勘違いやった(^_^;)
Posted by ぴよ at 2005年09月09日 15:00
 ジューサーミキサーのことかいな? あっ携帯では画像がでなかったからかな。今日、XLR端子装備のケーブルが来ます。深夜には録音ができそうです。音質がどうなるか楽しみです(所詮オーディオマニアなんです)。
Posted by 難波鷹史 at 2005年09月09日 15:41
画面はでたけどみる前はてっきりジューサーのミキサーかと(^_^;)難波さん野菜ジュースでもつくるんかしらぁみたいな(-.-;)
Posted by ぴよ at 2005年09月10日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック