2019年07月03日

WZR-AGL300NHの電源アダプター

き続き、前回予告したWZR-AGL300NHの修理の話。

親機自体は2017年に修理しているので、本体に原因があるのではないとにらみ、おそらく電源アダプターの出力低下だろうと推測。

2019-06-28 22.30.03.jpg
さっそく、カッターナイフで合わせ目に刃を入れて、開けます。

2019-06-28 22.45.51.jpg
コンデンサーは漏れてはいないけど、ドライアップ寸前かもしれません。
本体につないで、電力を測れば原因が特定できるのですが、めんどくさいので、コンデンサーを外しにかかります。

2019-06-28 22.55.17.jpg
 中華製のSAMXON(サムクソンって読むのかな?)でした。ながらく動いていましたので優秀ともいえるでしょう。
10年ぐらい動きっぱなしでしたから。

 使用コンデンサーは以下の通り。

  47μF 400V  一本
  680μF 16V  二本
  10μF 50V  一本

 小さいものは交換できるだろうと、手持ちの部品を調べましたが、該当するものがありません。

 そういう場合は通販で買います。

 僕は大阪日本橋の共立エレショップをよく使いますが、大型コンデンサーなど少し特殊なものが手に入らなかったりします。
そうすると、横浜のRSコンポ―ネンツで揃えることになるのですが、こちらは単位が2個以上とか5個以上で販売されていて、多少出費が増えます。趣味で修理や電子工作をする方は、余剰在庫も増えていいとは思いますが…。

 あと、共立エレショップでは電源アダプター等も販売されていて、今回修理するか電源アダプターを買うか、迷いましたが、部品を買ったほうがわずかに出費を抑えられることと、将来のアダプター修理にコンデンサーの在庫ができることから、修理失敗のリスクや不具合の原因の見当はずれだった場合の可能性をまったく考えずに、部品を注文しました。

 このようなことで、コンデンサーを戻して半田付けし、ビニールテープでアダプターのケースを閉じました。

 引き続き、このアダプターでルーターを使っていますが、やっぱり、インターネット接続が切れたりWifiが切れたり、不安定です。電源を入れなおすとまた使えたりします。

 今週金曜日に部品が揃う予定ですので、どうなったかをまた書きます。
posted by 難波鷹史 at 14:23| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。