2019年01月15日

Fujitsu ScanSnap S500 修理

2006年発売の富士通スキャンスナップ(ScanSnap S500)です。

2019-01-06 19.43.52.jpg
10年超えましたが、まだまだ元気に動きます。

数カ月前に原稿をPDF化するときに、ねちゃねちゃ音を出しながらスキャンするのでなにごとかと確認したら、フィードローラーと呼ばれる部分が溶けていました。

2019-01-06 19.43.45.jpg
 かたちは保っていますが、指で触ると粘土みたいに柔らかいです。4つとも同じように柔らかくなっています。
ScanSnapを新しく買うのもいいのでしょうが(最新型はコンパクトでより洗練されています)、経済的ではないので修理します。
溶けたローラー部分はあとで考えるとして、まずローラーを取り出します。

2019-01-06 19.47.04.jpg
 このあたりのカバー類を取り外します。まずはピックローラー(大きなローラー)のカバーで、左右にあるつまめるようになってる部分をつまみながら取り外します。

2019-01-06 19.47.22.jpg
 このとおり。
 ピックローラーは外さなくてもいいですが、清掃のために外して、イソプロピルアルコールと綿棒できれいにします。
フィードローラーの交換部品は公式にはなく、なぜかこのピックローラーは交換部品が用意されています。たぶんフィードローラーはメーカー修理対応で、一般には出回らない部品なのかもしれません。

2019-01-06 19.49.34.jpg
 書類のズレを抑えるサイドガイドも取り外します。こちらははめ込んであるだけなので、こじれば外せます。

2019-01-06 19.50.38.jpg
 後部のカバーも差し込んであるだけで簡単に外せます。

2019-01-06 19.52.14.jpg
 底のネジを4箇所外します。

2019-01-06 20.25.05.jpg
 ボディをこじるとガバッと開きます。

2019-01-06 19.55.28.jpg
 ケーブル類をていねいに取り外しましょう。

2019-01-06 20.26.00.jpg
 この金属のカバーの中に上部のフィードローラーが入っていて、写真右側黒いプラスチックを外せば下部のフィードローラーがあります。

2019-01-06 20.37.55.jpg2019-01-06 20.38.05.jpg
 写真中央にあるクリップ(反対側にもある)を抑えながら写真下部のカバーを外します。

2019-01-06 20.47.32.jpg
 金属のロックを動かして、シャフトを外します。

2019-01-06 20.50.42.jpg
外れた。次は上部シャフトを外します。

2019-01-06 21.29.16.jpg
まず、最初に言っておきます。読み取りの画像が正常なら、この光学基版(画像の受光部分の基板と思われる)は外さないこと。
でも僕は外してしまって、大変な時間ロスになりました。

2019-01-06 21.33.40.jpg
 写真では光学基板を外した状態ですが、フィードローラーを外すには黒いシートで覆われたこの光学ユニットを外さなければなりません。
画面にある円筒形の部品に接しているクリップを抑えて、ユニットを外します。

 2019-01-06 21.37.09.jpg
 光学ユニットを外すと、シャフトのカバーが見えてまいります。これもクリップを抑えれば、すぐに外れます。

 2019-01-06 21.42.22.jpg
 このシャフトはモーター部分の近くにあるので、ベルトのテンションがかかり非常に取り外しにくいですが、がんばって外します。

 2019-01-06 21.58.50.jpg
 外せました。

 ローラー幅の狭いのが上部、広いのが下部。サイズは以下の通りです。
 内径6mm、外形12mm
 上部シャフト ローラー 長さ22.3mm
 下部シャフト ローラー 長さ24.3mm

 溶けた純正ローラーの材質はウレタンパイプのようですが、加水分解して使えなくなるものが多く、海外サイトやAmazonマーケットプレイスで売っている海外製のローラーは色合いも同じものでおそらくウレタンです。夏の高温にさらされるとまた溶ける可能性がありますので、おすすめしません。

 モノタロウで買える、タイガースポリマーのシリコンチューブをおすすめします。


 2019-01-12 18.09.19.jpg
 シリコンチューブは切りにくくスパッとサイズ通りには行かないかもしれませんが、だいたい合っていればカバー等に干渉せずに回ると思います。
 もしかしたら冷凍庫で冷やしてから切るといいかもしれません。

 2019-01-12 18.40.49.jpg
 溶けたローラーは取り除いて、シンナー(僕はMrセメントS流し込み接着剤を使いました)できれいにしてから、シリコングリスを塗布して、チューブを通します。黒いビニールテープは取り付け位置確認のためのガイドです。

 あとは、逆手順で組み立てて、もとに戻します。

 2019-01-06 21.55.06.jpg
 写真左下の金色の金具がロックですが、下部シャフトと違ってロックが外側であることに注意してください。僕は下部シャフトと同じように考えて、なんどもはめ込みを試みましたが、ロックが外側であることに気が付いたのは30分後でした。

 2019-01-12 22.00.27.jpg
 歯車の位置関係もご参考ください。ベルトのかけ方にもご注意を。

 2019-01-13 00.00.40.jpg
 無事に交換完了。

 scansnap_2018_0113.jpg
 でもね。スキャンしたらこうなった(笑)
 この原因は光学ユニットの中の鏡をアルコールで適当に拭いたから…。それで鏡がくもるとこうなります。

 2019-01-14 12.25.52.jpg
 僕と同じように、鏡を拭いちゃった方、諦めずにがんばりましょう。
光学ユニットの黒いシートをはがして中の鏡3つを金属クリップを外して取り出し、アルコールを湿らせた綿棒で、拭き取りと乾拭きを繰り返します。くもりが一点もないようにします。鏡に傷がついたら致命的。丁寧に行います。黒いシートが破れてしまっても黒いビニールテープで光が入らないようにすればOKです。

 2019-01-06 21.30.08.jpg
 このレンズの上に受光部である光学基板がネジ止めされるわけですが、記事の冒頭で外さないように言ったのは、取り付け位置がずれると光学系のエラーが出て動かなくなるからです。ついつい僕のように外してしまった方は、ネジ穴と基板の穴のそれぞれの中心がズレないようにネジ止めすればエラーにならないと思います。

 2019-01-06 21.29.16.jpg
 二枚のワッシャーもどこにつければいいのか、手がかりを失ったのですが基板のズレを防止するためのものだろうということで、この光学基板につけました。正解かどうかわかりません。

 以上、修理完了です。
 ローラーはいい具合に安定してます。溶けたウレタンとは桁違いです。
 スキャン画像の方はまだ少し、赤や青の筋がでていますが、おそらく読み取りガラス面の汚れかなと思います…。そう思いたい。














1月20日
 読み取り面をきれいにしても、画像がにじんだり、筋が出たりしております。
 また分解して対策ポイントを探してみます。
posted by 難波鷹史 at 00:07| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。