2018年12月26日

オーナーズクラブシリーズNo11「ミゼット後期型」

まはマイクロエースという会社から発売されているこのシリーズ。
昔はLSという会社から発売されていて、ゼンマイ動力で走りました。
組み立てて思ったんだけど、ミラーとか接着しても弱いから、ゼンマイで走らせて遊べるほどの強度はないように思う。

2018-12-23 13.17.13.jpg
だいぶ昔に、サーフェイサーを吹いて、それっきりになっていたのをやっと塗装開始。
Mrカラー純正の緑をそのまま塗ってみるも、ぜんぜん塗料が隠蔽してくれない。

白とか黒を混ぜ込むと隠蔽力がアップすることを、いまさら思い出して混色してみる。
よく見たらダッシュボードとかは何年も前に、白を混ぜて塗ってることにいまさら気づいた。

筆塗なんで、なるべくぼて塗りにならないように、うすめ液で薄く、それでいて2、3回の重ね塗りで、発色するようにがんばった!

2018-12-24 19.38.37.jpg
 1/32の大きさだと、筆塗でもいい風合いにまとまってくれるのがいいところ。
銀色のところは、Mrカラーの高価なメタリックステンレスなんですがね。筆塗だとぜんぜんピカピカしない。
やっぱり黒をぬってテカテカにしてから、エアーブラシで吹き付けないとダメみたい。

 仕上げにタミヤエナメル塗料のフラットブラックを100均のライターオイルで薄めて、墨入れをしています。

 実はこれも大変でした。昔…25年とか前、下手すると30年前…いや35年かも(笑)
エナメル塗料がカチカチに固まってしまってて、ラッカー塗料みたいに溶剤では元に戻りません。
もう蒸発したら捨てるしかないんですよ(ちなみにゴールドリーフという色は無事だった。基本色の赤白赤青は買ってません)

 でタミヤエナメルって、昨今、あまり一般的な塗料ではないようで、まぁ、近くの玩具扱ってる家電量販店にはございませんわ。

 ちょっと遠出をして、でっかいイオンに入ってる「ホビーゾーン」って店にも行ってみた。
まあ、Mrカラーは置いてました。これは業界スタンダードですから。
水性ホビーカラー、そしてまだ色数の少ない新水性カラーアクリジョン。
以上…。タミヤの水性アクリルもないし、当然タミヤエナメルは皆無。

 昔は汚し塗装といえば、タミヤエナメルが当たり前でした。でも汚し塗装専門のマテリアルが登場し、墨入れ用の薄い塗料もあって、わざわざタミヤエナメルを買うという需要がなくなってしまったんでしょうかね。
でもね。タミヤエナメルをそろえるほうが、安いんよ。シャブシャブの薄い塗料が大びんだからって、300円以上してるんよ。
結局、この昨今プラモデル屋さんが厳しいご時世で、地元でがんばってお店やってる「ますだや」さんでタミヤエナメルを見つけました。

 1本150円(税込み)フラットブラックとクロムシルバーで300円でした。うすめ液は100均のライターオイルね。
このお店でも、タミヤエナメルの需要をみてか、基本色のみそろえられていました。

 伸びのよいエナメル塗料でじっくり筆塗するのも、いいと思いますよ。
(いいと思うんだけど、僕は昔ピンク色を作ろうとして、ピュアレッドと白を混ぜたら、ピンクっていうより、紅色になってショックを受けました。それ以来、タミヤエナメルは汚し塗装専門扱いにしました。タミヤには黄色が入ってないまさにピュアなレッドを出してほしいです)。

2018-12-22 22.27.55.jpg
 問題は写真の水転写デカールもうひび割れで、どうしようか途方に暮れてました。
ネット情報だと水性ホビーカラーのクリアを塗ると、うまくバラバラにならずに貼れるという情報がありました。
しかし近くのジョーシンでは、水性ホビーカラーが全部新水性塗料の「アクリジョン」なっていました。
しかたがないんでアクリジョンのクリア―を塗って様子みです。

 後日、これをナイフで切り出して貼ってみます。貼れたらですけど…。

 プラモは作ってなんぼ、塗装してなんぼです。
タミヤのハーレーダビッドソンの1/6のプラモデルの説明書に、
「塗装は色を変えることが目的ではなく、その実感を表現するものだ!」とかなんとか書いてあって、感動した覚えがあります。

 昨今のプラモが盛り上がらないのは、子供が減ったのもあると思うけど、すでに色分けされている昨今のプラモにあるような気がするんだけどね。
 もう色がわけてあると塗ってやろうとは思わなくなるんよ。実際(笑)。
HGUCガンタンクとかシャアザクとか旧ザクとか、MGガンダムとか塗る気が起こらないバンダイ製プラモが家にゴロゴロあります。

 バンダイさんの多色成型技術だけでなく、ランナー分けすれば、どこの会社でも多色の商品は作れるわけで、ハセガワさんのメカトロウィーゴなども色分けされているし、塗る気がしないのは同じですね。

 もうね。強制的にサーフェイサ―を吹いて色をなくしてやるんです。

 艶消しクリアーで簡単フィニッシュだぁ? そんなんで実感が表現できるんか! 絶対認めへんで!(笑)

posted by 難波鷹史 at 22:02| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。