2007年06月22日

ミートホープ

 温泉のガス爆発などヒューマンエラーでいろいろなことが起っている。十分に予想できる範囲で対策できる時間もたっぷりあったのに、起きる事故。近年になってこの人為的エラーによる事故が増えている。

 ガス警報機がない?! 普通は付けるよね。亡くなった従業員がかわいそうだ。

 一方で作為的に、特に人の持つ「貪欲」からも興味深い事件があった。「ミンチ肉偽装」。牛100%ではなく豚が混入されていたという。 だまして売るのは悪いことだ。しかし、ここはわたし風に着眼点を変えてみることにする。

 実際、そのコロッケは牛100%よりもおいしかったのだきっと。
 そもそも豚の風味に気が付かないのも、現代人の病気のような気がしないでもない。

 ここで、相場の高い肉を混入して偽装(こんな業者はいないけど)したら世論はどう反応するんだろう? とか考えてみる。

 100%豚のはずなのに、20%牛とか(笑)

 豚ファンは怒るかもしれませんが…。

 ゴミの入った中国産餃子より、ぜんぜんマシだ。

 今度からはうまい合びきミンチとして正直に売って欲しい。

img311.jpg

 これパンダボールペン。媚びないパンダデザインといいなんともセンスがよい。後ろのレバーを押すとパンチもする。目も光るピカー。

img312.jpg

 とまあ、今日はこんな雑談でした。

posted by 難波鷹史 at 19:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パンダボールペンほすぅいぃい〜o(´□`*)o

ところであの会社雨水つかって製品にまぜてたとか…なんちゅう会社かちら(^。^;)でも餃子よりまし?
Posted by ぴよ at 2007年07月10日 02:38
 いやー、もうゴミ入り餃子と大差無くなってきてるね。でも、例えばダシ巻でも、葛粉で量を増やして、化学調味料で味をごまかして、着色料で色を濃くすることは昔からあるし、似たような(雨水は例外として)ごまかしは現在でも行われてる。
 ただ誠実な会社の製品にはちゃんと原材料にかかれているけどね。ミート社は原材料を書かず値段は高いままで売ってたわけだ。
 ミート社の元社員はよく情報をリークしてくれたと思うよ。他の社員の解雇の危険を冒してまでね。
Posted by 難波鷹史 at 2007年07月10日 09:31
こんにちは!
こういう事件のせいで食品などを見る目がますます養われてしまいます。いいことなんですけどね。。。
近々、くら寿司にいってきます^^
Posted by ミコノス at 2007年07月21日 15:57
 ダンボール入り肉まんも中国のヤラセ報道だったみたいです。自虐ネタで注目を得ようなんて、中国のテレビはなにを考えているのでしょうかね。
 日本も輸入食料が多すぎて、この国はどうなるんだろうとは思います。
     
 くら寿司はいいですよね。うまみ調味料みたいなごまかしをしないし、その分おいしくないネタはとことんおいしくないのですが、それが逆に「旬の食べ物とは何か」を考えるいい機会になるんですよ。
 くら寿司では「旬」のものを食べよう!
Posted by 難波鷹史 at 2007年07月24日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック