2017年06月26日

バッファロールータ【WZR-AGL300NH】の予備修理

まにネットが切れたり、反応しないときって、古いWIFIルータにはよくあります。
 そんなとき仕様的にも古いし、普通の方は新しいもの買うでしょ。しかし僕は買わない。修理して使い倒す!
 黎明期のルーターならともかく2009年以降のルータはある程度速いし、技術的にも成熟していますからね(たぶん)。

 2017-06-25 02.09.09.jpg

 (2009年12月稼働開始の【WZR-AGL300NH】)

 なにかと再起動の回数が増えてきたので、本格的につながらなくなる前にメンテすることにした。

 2017-06-25 00.50.26.jpg
 (ボディをあけたところ)

 上の画像、結構金属のシールドでしっかり囲まれて、うまく冷却されるように気を使ってます。
販売価格も子機とセットで一万円越えだったので、こういうのって価格に反映されるんだということがよくわかります。
 本来ならシールドを取って中のチップの足を再ハンダしたいところだけど、シールドの一部だけハンダで止めてあるのではなく、周囲ぐるっとハンダ付けしてあって、外すのが大変そうでしたので、今回はコンデンサの交換と見えてるチップだけハンダを乗せておきました。

 2017-06-25 01.55.50.jpg
 (交換したコンデンサ 間にあるのはコンデンサではなくコイル)

 使っているコンデンサは以下のとおり。

 10V 470μF 2個
 25V 330μF 1個

 25V 330μFはプリンター修理時に大量に購入してしまったJACKCON社の50V 330μF(写真の右のやつ)があったので、そちらを使用。
 容量が同じであれば、耐圧が高い分には使用しても問題ありません(大きくなるかもですが)。

 よくわからないんですが、テレビなどの基板のハンダに比べて、PCのマザーボードやバッファロールータのハンダは、艶がなく、こて先を当てても、全然溶けません。フラックスを塗って新しいハンダを盛ってから一気にシュッ太郎で吸い取ります。
あと、この基板。スルーホールが小さくて、部品の足がぜんぜん入りませんでした。グリグリ回しながらなんとか差し込めました。

 2017-06-25 01.56.11.jpg
 (もう1個 手前のチップの足も再ハンダ)

 チップの足を再ハンダする際はフラックスを使ってください。使わないとハンダがすぐに粘ついてすぐに足と足がくっついてしまいます。そういう場合も、フラックスを塗って温めれば、表面張力でハンダが足だけに乗るようになりますよ。

 以上、蓋をしめて完了。

 これで再起動の頻度が減少すればやった甲斐があったかと思います。

 再ハンダのテクニックは、電子制御のクルマのカギなんかも直すことができます。ハンダの供給までしなくても、溶かしなおすだけでもOKです。




posted by 難波鷹史 at 22:27| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック