2017年05月31日

プロバイダーによるサーバー逆引き設定

日、おたくの会社のIPを逆引きするとeoさんになっちゃうんだけど…なんてこと言われまして、普通のプロバイダー使っていたら当たり前だと思っていたんですが、大手のサーバーだとそんなことにはならないし、なんでだろってことで調べてみました。

 eoオフィス光の場合ですが、プロバイダーのDNSサーバーが逆引きに反応して返答してしまってるらしいです。
 eo光に問い合わせたところ「オフィスeo光ネットオプションサービス契約変更申込書」にて逆引き権限譲渡設定を申し込めばいいという情報を頂きました。ただeoのサイトではこのサービスの案内を一切行っていないので、その存在はDNSのしくみがある程度理解できる技術者しか分からないということのようです。

 質問をすると営業担当の方が申込書のPDFファイルをメールで送ってくれるので、adobe acrobat等のPDF編集ソフトで判子を押し、返してほしいドメイン名を入力してメールで送り返せば完了。
申し込みから約二週間で設定が反映するらしいです。変更手数料は2000円で今後追加でお金がかかることはないというお話。

 <オフィスeo光ネットオプションサービス契約変更申込書>

 DNSmousikomi.jpg
 既に契約しているなら、契約者のところに屋号なり個人名なりがあらかじめ印字されているので、
アクロバットのスタンプ機能で判子を押すだけ。

 <逆引き設定内容依頼書>

 DNS設定依頼書_20160608.jpg
 固定IP契約なら既にIPは印刷されていますので、返してほしいドメイン名をアクロバットのタイプライター機能で記入するだけ。下の枠は逆引きを自前のサーバーで行う場合の設定ですが、プロバイダーにまかせたほうがとりあえず安心でしょう。

 2つのPDFを保存してメールで返送します。

 以上、サーバーの運営上、信用問題にもかかわるし、会社でサーバーを公開している人は参考になればと思います。

 ころで…。
 2017-05-12 11 59 42.jpg


 X68000ACE用 CZ601D テレビモニター 盛大にばらしています。
 最初は明るさがふらついていまして、いろんなところを再ハンダして組み立てたら、きれいな青い画面のまま映像信号を受け付けなくなりました。配線を間違えたかもってことでチェックして組み立てたら、こんどは画面がまったく出なくなりました。
 空しくスーパーファミコンの実況パワフルプロ野球3の音声だけがきれいに流れてまして…。

 まったくもって意味が分からないので、コンデンサー全替えでリフレッシュ作業をしています。
 ブラウン管はいたって健康ですが、フライバックトランスとかいうのが、内部的にやられてしまったらもう復活は無理かと思います。
 ネットの修理情報やらNHKのブラウン管テレビの本で勉強しながら、ぼちぼち直していきますよ。
posted by 難波鷹史 at 22:11| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック