2017年04月13日

液晶モニター「DELL E178FP」の修理

DELLの液晶モニターの話。

2017-04-13 21.43.05.jpg
 この4:3の時代遅れのモニターですが、これが僕の周囲に3台あります。
一台は自宅、一台は職場で使っているTOSHIBA TX/66CM のサブモニターとして、もう一台は退職した方の置き土産として、これまたデザイナーさんのサブモニターとなっています。結構この4:3のモニターはサブには持ってこいです。
 これ結局全部、もらいものです。はっはっは。

 先日、その置き土産の方のモニターが、壊れました。
 電源をいれて一瞬、画面が表示されますが、その後消えてしまうという症状です。

 インバーター回路とよばれる部分がダメになるということで開けてみた。

2017-04-10 17.11.44.jpg2017-04-10 17.14.04.jpg

2017-04-10 17.24.32.jpg

すでにコンデンサーが悪いって見た目で分かります。

2017-04-10 17.24.20.jpg
 放熱板寄りの一本、海外製の容量330μF耐圧35V耐熱105°品です。
とりあえずこの3本とも交換しました。コンデンサは前にプリンター修理したときに多めに購入していたものが使えました。
PC基板と違いスルーホールが大きくて、シュッ太郎ですぐに半田が取れて穴が抜けてくれます。
気持ちのよい修理でした。

 ゴミで捨てられてリサイクルされるかもよくわからんご時世です。とことん修理して使いましょう。

 CRT(ブラウン管)じゃないので、不良個所が分かりやすいですね。

 2017-04-02 12.33.52.jpg
 白バラコーヒーこっぺぱん これうまい。
 なぜこの中のクリームを売ってくれないのかと…。
 雪印コーヒーソフトは僕の期待を見事に外してくださいました! もうイオンにも置いてません。あれはダメだ。

posted by 難波鷹史 at 22:15| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック