2016年12月14日

加湿器HV-P50CX その2

品が到着。注文した日が発送連絡があって3日目に送られてきた。
 クロネコメール便って、クロネコの配達員じゃなくて、年配のご婦人が配達してたりして? と冗談いってたら、本当に自転車で普通のおばちゃんが配達しているのに出くわした。

 2016-12-08 12.46.51.jpg
 (なんだか形が違うタクトスイッチ【SKHHBVA010】6mm角タクトスイッチ(ステム高さ:7mm))

 さびたタクトスイッチを取り外して、送られてきたタクトスイッチを比較…。左が取り外したもの。
 あれぇー形が違うよ。

 さてどうするか…。
 なんとか足を折り曲げて、スイッチのボディに半田ごて押し込んでみた。またスイッチを注文するのがめんどくさかったのだ。

 2016-12-08 12.57.00.jpg
 (足を折り曲げて、真ん中から伸びるように加工 もう一方端の足はカット)

 2016-12-08 12.32.30.jpg 2016-12-08 13.48.35.jpg
 (左、さびたスイッチとの比較 右 なんとか取り付けたタクトスイッチ)

 足が短いので適当に半田を流しても接続できず、パターン側から切り取った電子部品の足を通して、なんとか半田付けした。
 半田付けしていない端の足は、瞬間接着剤で水平になるように固定した。

 ボディに組み込むと、電源ボタンがカチカチ押せない…。でも基板を締めすぎず、軽く締めると、ボタンが子気味よく押せる。
 ほう! これはスイッチを加工した分、押されるタクトスイッチがボディに接近してしまったため中途半端に押されている状態になったため。この差はたぶん0.5ミリぐらいだろう。
 電源スイッチの一番近くにあるボルト部分の基板の表面に0.5o圧のワッシャーをかまして(PCのマザーボードを固定しているボルトの茶色い紙のようなワッシャーね)、ボルトで締めることでタクトスイッチとボディとも距離を確保。

 2016-12-05 17.25.28.jpg
 (メーン基板のこっちのコンデンサーも1個だけ交換)

 ちなみにメーン基板で1個だけ取り替えたコンデンサーも、テスターで調べたらまだ大丈夫だったぽいね。
 まぁ、予防処置だからいいか…。

 2016-12-08 22.15.01.jpg

 (修理完了した加湿器SHARP HV-P50CX)

 修理完了。電源もカチカチ押せて、反応しないということはなくなった。

 で、なんでさびたのかなんだけど…。
写真のオレンジ色の電源ボタンの位置のすぐ近く、水タンクと接する壁面に(たぶんセンサーのためなんだろうなあ)小窓のスリットがあって、そこが透明のプラスチックの薄い板が両面テープで張り付けてありまして、それが取れてた。それで湿気が入って、さびたっぽいね。

 ここも新しい両面テープで塞いでおきました。

 まだまだ長く使えそうですよSHARP製品!


posted by 難波鷹史 at 22:25| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック