2016年12月03日

ファミリーコンピュータの修理

年使用している我が家のファミコンですが、1986年ぐらいに母が買ってきたもので、かれこれ30年経ってます。

 2016-12-03 21.35.56.jpg

 (30年選手のファミリーコンピュータ)

 先日、電源を入れたところ全く反応しませんでした。

 ネットで調べると、ヒューズが切れていると電源が入らないというので、チェックしてみましたが、ヒューズなどありませんでした。
 ネットで調べられるファミコンの修理情報は以上でした。情報なさすぎ…。

 コントローラーは四角ボタンではなく丸ボタンタイプですが、基盤にヒューズがないので初期型になるのかな。

 2016-12-03 20.20.52.jpg

 (ヒューズがありそうなところにないRF基盤)

 とりあえず基盤がショートしていないか調べてみました。
 ACアダプターのプラグが挿す部分のACコネクタのプラスとマイナスにテスターをつないでみると、なぜか導通がある。

 コンデンサーが劣化すると、そのままプラスマイナスがそのまま導通するというのを聞いていたので、近場の安全弁のあるコンデンサーを取り外して、付け替えました。ほかのコンデンサーは安全弁のない小さなものなので、たぶん異常がないだろうとのもくろみです。

 2016-12-03 20.21.38.jpg

 (交換後の状況)

 オリジナルの部品は耐圧6.4静電容量1000μFのもので、容量はそのままで耐圧が10Vのものに交換しました。

 取り出したコンデンサーをテスターで測ってみると、導通していて抵抗の変化もありません。やはり壊れてました。
これが正常なコンデンサーなら導通してから徐々に抵抗値が上がって行きます。

 筐体に組み込んで電源オン!

いたよ、おっかさん!
 動いたところを写真に撮ろうとおもったら、いろいろと映り込んでしまうのでやめました。

 やっぱりファミコンでもコンデンサー壊れるんですね。





posted by 難波鷹史 at 22:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック