2014年10月18日

HP Photosmart D5460 修理の続編

日、注文していたプリントヘッドが届きました。香港から。

 2014-10-18 20.03.51.jpg 2014-10-18 20.04.49.jpg
 2011年製のプリントヘッドです。

 2014-10-19 00.38.56.jpg こっちは混色した古い方。

 これだけみると変な互換品というわけではなく、生産地で製造されたHPを通さない正規品ということなのかな。

 2014-10-18 20.05.29.jpg 古いヘッドで混色を起こした、溝が彫刻されたプラ部品に透明プラのフタが貼り付けられている部分。
 未使用でまだきれい。

 2014-10-18 20.14.32.jpg 2014-10-19 00.51.25.jpg
 イエローカートリッジとその他カートリッジをセットしてテスト。
 印刷結果云々はともかく、とりあえず黒カートリッジからの混色や逆流は認められず(写真左から二枚目)。

 とりあえず混色関係の修理はこれで完了したと思っていいかと思う。

 ところで、問題は実はまだあって、これも2年ほど前からなんですけど、印刷中にたまに電源が落ちる現象がありましてね。
こっちのほうが深刻な状況かも…。

 

 結局、プリントヘッドの調整中に元気よく印刷しているときにパッと電源プラグを抜いた時のような状況「電源落ち」になるので、これはまたプリンター内部のコンデンサーのせいではないかと思います。
プリンター自体の起動時間によって電源が落ちずに安定してくるところも、やっぱり電源アダプターのコンデンサーではなくプリンター内部のコンデンサーかと…。

 まだ、修理は続きそうです。



posted by 難波鷹史 at 23:49| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック