2014年04月17日

Lesance W255HUの勘所

回の続き。

 注文したLP156WH4(TL)(A1)の互換部品が送られてきました。
LP156WH4(TL)(N2)です。

 新しい液晶は簡単に取り付けられたんですが、なぜかタッチパッドが動きません。
前回パネルを取り外すつもりが、いつものように完全分解を目指してしまいそうになり、おそらくタッチパッドのケーブルが外れたんだと推測。

 ケーブルを繋げるため、やっぱり完全分解になりました。

 普通にボディーのネジをはずしますが、分解できません。
キーボードやタッチパッドのケーブルが基盤に接続されているせいです。
まずはキーボードをはずさないことには分解できないようになっています。

 この写真は、キーボードの上部を覆っているカバーの真裏に当たる部分。どうしてもカバーは外れないので、もしかしたら後ろから押し出すようになっているんじゃないかと、怪しい場所をくまなく探しておりましたら、ありましたよ。なんだか分からないポッチが!

 ボールペンの先ででも押しつけな! とでも語っているようなモールド。ここを押します。

 バカっと浮いて、外れていきます。ここまで行くのに苦労しました。

 カバーを取るとキーボードを留めているネジが見えますので、それをはずすと簡単にキーボードははずれます。
このキーボードのフラットケーブルに余裕がなく、再取り付けには指は入らないし、ピンセットはすべるしとかなり苦労します。
すべらないピンセットがあればバッチリかと思います。

 キーボードがダメになったときのために、型番の写真撮っておきましょう。
Model:MP-08J40J0-43001 でした。

 キーボードをとれば、各コネクターにアクセスできます。やっぱりタッチパッドのコネクターがはずれておりました。
コネクターを全部はずせばケースがはずれて、基盤を取り出すことができるようになります。

 せっかくだから、分解して掃除も行っておきました。
 自分の人件費を除いたら液晶パネル代8500円前後で修理できますよ。

 あー疲れた。
posted by 難波鷹史 at 14:35| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック