2014年04月14日

ビキバキ! 液晶パネルの交換

まれて液晶が割れてしまった義弟のパソコンを調査。

 このノートパソコン パソコン工房のLesance W255HU という商品。
電源を入れるとPC本体は異常なしなんですが、液晶パネルの割れた部分からは、書道の巨匠が落書きしたような感じになってます。

 3年延長保障で、踏んだ液晶が直るか近所のパソ工に聞いたところ、やはり通常の使用下で壊れた場合しか保障できないと言われた。まぁ、それはそうだろうね。
じゃあ、修理にいくらかかるのか聞いたところ、4万は超えると・・・。

このパソコン3万円ほどで買ったんだけど・・・たしかに破格のノートパソコンではあるけど、修理で本体価格を超えるんなら意味がない。

部品の取り寄せは可能か聞いてみた。
「我々も修理はメーカーへ送るので、おそらく液晶パネルを個人へは売ってくれないでしょうね」

「ネットで売ってくれる業者は見つかりますかねぇ?」

「難しいんじゃないですかね」

おそらく業者としても事情があるんだろうけど、仲介してそのマージンはほしいというところが本音なんでしょうね。

「自分でやります」と答えてやりました。

 とりあえず液晶パネルの仕様を知るために分解。

 2014-04-12 21.21.23.jpg
液晶パネルの金属フレームが曲がってました。

 2014-04-12 21.18.48.jpg
液晶パネルの商品を確認して、検索を書けたらすぐに小売してくれる親切な業者を発見!

イーハンズ

ほんと助かります。今週中には修理完了です。

posted by 難波鷹史 at 10:49| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック