2012年01月11日

玩具のミニチュアリティー

物ではないけど、本物らしい特製をいくらか合わせ持ったものってあります。
 これ、こんなに小さいけど、音が鳴るんですっていう類の、小さいハーモニカなんてそんな感じ。
 
 

 タイトルにある「ミニチュアリティ」なんて言葉は検索してもありません。
僕が勝手に言いました。
 本物とは違う、小さいもので、本物未満の機能を備えた(あるいは見た目が精巧な)ものを、
「ミニチュアリティーが最高だ!」 とかいう使い方をしてます。

 昔から、おもちゃにもそういう側面がありました。
 モーターライズのクルマのプラモデルもそうだし、幼児が庭や室内で乗れる乗用車、
大人が座ってのれる蒸気機関車もそんな感じでしょうね。

 先日、リサイクルショップで、このミニチュアリティー魂を感じさせる、ビリヤード台を
見つけました。

 SANY2582.jpg
 エポック社「デラックスビリヤード ブレイクショット」
 発売は1987年ということで、やはりハスラー2が公開され、そこら中にビリヤード場ができた頃です。

 SANY2580.jpg
 通常のコタツテーブルの半分以上を占める大きさで、クッションもゴムが使用されていて、
引き玉、押しだまも、それなりに反応してくれます。

 SANY2581.jpg
 しかしね。ボールが少ないよね。10個しかない上、ボールの材質も軽めのプラスティックです。
 ナインボールはできるけど、エイトボールは無理。やはり15個ほしいところ。

 SANY2601.jpg
 さてこちらの商品、ハナヤマのゲームスタジアムです。
見た目は抜群で、ミニチュアリティーあふれています。大きさもB4サイズでエポック社のやつよりも
さらに小さいです。
ボールが比較的比重のあるプラスティックで、ボール同士の衝突音もそれっぽいけど、
クッションがプラ製で硬いままフェルトを張ってまして、クッションを利用した作戦もできません。

 ボールも小さすぎて、付属のキューで回転を与えることも難しいです。

 SANY2602.jpg

 ただボールは15個フルであったりするので、雰囲気はいいですけどゲーム性がね・・・。

 このゲームセットはほかにもいろいろゲームが付いています。
 そのなかでもこのバランスゲームはなかなかのゲーム性を発揮してましたです。

 SANY2605.jpg
 V字に開けたキューの間のボールを、狙った場所に落とすゲームです。

 もっと、本格的なミニチュアビリヤードがほしいところです。小さければ小さいほど、ゲーム性が本物に
迫れば迫るほど、すぐれたミニチュアリティをもったおもちゃと言えるでしょうね。

 ちなみにアマゾンで検索したらいろんな商品があるんですね。
 中には、チョークやラシャのブラシが付いたものも・・・。ゲーム性はどうなんでしょうね。非常に気になる。

 では、また次回の更新で!
 
 
    




 


【関連する記事】
posted by 難波鷹史 at 13:45| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック