2010年02月22日

kyoto演フェス「不文律」終了

 昨日開催されたkyoto演劇フェスティバル2010の
京都放送劇団の「不文律」が終了しました。

 お越しのお客さまありがとうございました。

 出演者、他の劇団のみなさんもお疲れ様でした。

 SANY1402.jpg
 文化芸術会館の緞帳(どんちょう)、舞台や舞台袖など、なんかホコリ臭いのね。
 おそらくこれのせいでしょ。何十年も洗ってないでしょーたぶん。


 先回のわたしの出演は2006年でしたが、あのときは、最後のプログラムの出演だったので、
他の劇を見る機会がなかったのですが(緊張しながら寝てました)、
2010年の今回はトップバッター。

 直後の劇団朗読古都さん「おみよ」は残念ながら最後のあたりで鑑賞させて頂きました。
 「手のかたちが印象的できれいでした」ってお礼いうの忘れてました。
 すんません。

 ワンダーリングパーティーさん「silentfart, holy fart」は、
最初はこうコメディな感じで始まって笑いありで面白かったのですが、
中盤のアリを殺すところから意味が分からなくなり・・・。
最後は、裸になったり、ホモだったり(あくまでコメディ、念のため)、異様な世界が展開します。
有名な事件がネタ元だそうですが、残念ながら分からなかったけど、面白かったです。

 京都橘高等学校演劇部さん「ぺらぺら神話体系・追憶のハルマゲドン」
 劇中の「ディズニーランドはディズニーのテーマパーク」
 「1000年王国はキリストのテーマパーク」っていうくだり、大変面白いなと思いました。
 わたしは宗教がらキリストの1000年王国(統治か)のことをそれなりに知っているので、
 その発想にドキリと感じた次第。
 1999年は世紀末といわれて、ノストラダムスの書の誤解析で大もうけした
人たちのせいもあって、こどもの頃の台風の日のように楽しかった時代。
 そんなわくわくした時代に戻りたいという感覚・・・。なんで高校生でそれを書ける(脚本)
のか、なかなかすごい。
 で、訳の分からない状況が展開してゆき、最後は、「どんな話だったのか・・・」と
考えてしまう話になっていきます。
 なんか非常に哲学的で、非日常SFタッチであり、ハルヒ的であり、わたし的には
イデオン的でもあると(笑)
 もう一回見てみたいわ。ザクティまわしときゃよかったなぁ。
 ちなみにわたしは、「おもちゃプラモデル「西尾」(ほとんど駄菓子屋さん)」があった時代に
戻りたいぞ・・・(どこやねんというツッコミはなしで)。

 最後にミュージカル劇団ケセラ・セラ「千石マンション武家屋敷「ああして、そうして、こうなった」」
は、うん50代以上とはいえなかなかお美しい婦人がおそろいで、楽しい芝居だったです。
 物語の起伏としては、借金と母子の和解でしたが、母子が和解してからの日常描写中に
ちょっとした事件が起こるのかな? と見ているうちに、閉幕となりました。
 あれ「オチは?」と思ってしまいました。 

 脚本は難しいや・・・。

 なんかね。他の演劇に比べて放送劇って「地味やな〜」と思ってしまう(笑)
 でも大学の演劇研究の方には「不文律」高評価だったようでして、ふと安心しました。

 また、機会がありましたら、次回もよろしくお願い致します。


 SANY1397.jpg
 修理行きの愛車。
 「今回は大掛かりなんで、ちょっと時間をください!!」と所長さん。
 つぎに会えるのはいつでしょ。代車は結構前のワゴンなR。

 最後にプチ録音でお別れ。
 引用元はわたしに近しい方ならお分かりの本から、
 目はスゲーって話です。

 

 くっ地味によんでやがるぜ、まだまだだなぁ。

 では、また次回の講釈で!!
(あっ 千石マンションの出だし、そういえばマチャアキの西遊記のオープニングだったよね。
芥川隆行さん思い出したよ(笑))


 
 
posted by 難波鷹史 at 21:33| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 朗読と演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朗読、NHKかとおもいましたー。
読むのと聞くのとではイメージが違いますねぇ。
朗読のことはよくわかんないのですが、
なんか、おもしろくていい感じなので、
これからも地味で面白く収録してくださいまし。
「使用上の注意」とか、変わったのも聞きたいです!

Posted by さっち at 2010年03月07日 20:27
 読みがNHKというか、文章がたぶんNHK風なのかと思います。
なんかNHKスペシャル的な。

 予定してる録音は前田珈琲のパンフレットとか、お
借りしてるハクション大魔王のハンバーグとか載ってる本かな(笑)
Posted by 難波鷹史 at 2010年03月08日 15:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック