2009年06月24日

USB接続のメモリー媒体

 ソコンのトラブルの続き。

 起動しない原因がほぼ確定。
 「ほぼ」ね。
 勤務先から昔業務で使っていたペンティアム800Mhzのマシンから抜き取った
AGP接続のグラフィックカード持って帰って、テストしてみた。

 おおーサクサク動くぞー。起動POST画面も、滞りなくスムーズにWindowsの起動画面へ!
 でUSBに前のHDDを繋いで、データの移動を行ってから、ためしにまた再起動をかけてみた・・・。

  また、止まった。

 ふと前に見たネットの情報を思い出す。

 USBメモリーを接続していると起動しないマザーボード・・・がある。
 2001年から2003年ぐらい…にかけて製造されたマザー

 あっ、こいつか! 
 HDDの繋がったUSBケーブルをはずすと、

 立ち上がったよ…。

 どうやら、2003年の年末に買ったこのマザーボードも該当するようですね。
 そういえば、最近になってからUSBにHDDを接続することが多くなっていたからな。

 しかしながら、HDDの論理エラーの原因はやはり分からず、やはりグラフィックカードの
コンデンサーは以前として怪しいところです。
 テストでつけてるこのグラフィックカードですが、フォーカスが甘くぼやっとしているので
やはり前のカードを修理してみることにします。
 パーツも注文してるしね。

 コンデンサー二個 104円これに送料120円。

 近くに電子パーツの店できないですかねぇ。 こんな小物を注文することすら面倒ですよ。

 アプライドさん、修理部品として電子パーツ取り扱ってよ!!


 ころで
 京都の右京区に「キムチのほし山」ってところがあります。

 気が付くとリニューアルしていて、なんと店内にイートインコーナー(食堂)ができてました。
 正直、わたしはキムチ(特に白菜)に関してはしっかり塩漬けされて乳酸発酵しまくった、

 減塩? なにそれ?

 って感じの白菜キムチが大好きなんですが、ほし山のは自分のなかでは普通なんですよ。

 090527-151016.jpg
 でも韓国料理は好物でして、

 090527-142652.jpg
 和牛のなんだっけ、スジかモツだったかな(スジまく丼)。おいしかったですよ。

 090527-142852.jpg
 こちらピビン冷麺。
 つるっとしていて、コシがすごい。これはお薦め、いままで食べた中で一番好きです。

 あとつけあわせのキムチがあるんですが、この小松菜のキムチがものすごくうまくて・・・。
 白菜キムチは上に書いたような評価なんですが、小松菜は別!!

 一見、野沢菜かと思いましたが小松菜です。お間違えなく!!

 なお、つけあわせにある白菜キムチだけオカワリ自由なのですが、なぜか店員さんに
頼んでみると、一瞬困った顔になってたなぁ? でもキムチ持って来てくれたけど。
 もしかしてオカワリ制度なくなった?

 行って見ようと思っている方は店頭でもう一度確認をお願いしますね。

 090527-144129.jpg
 最後にこれ、粋なデミタスカップ入った「五味子茶(オミジャ茶)」

 砂糖が入ってますが、甘酸っぱくて気に入った!! でも店頭で売ってるインスタントのものは
ちょっと値段が張るんだよね。

 本日は以上です。ご賢覧ありがとうございました。
posted by 難波鷹史 at 21:04| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック