2008年09月22日

ゲーム基板の思い出2

 グラディウスIIも、本日発送し貰われていきました。
 さようなら、思い出のシューティングゲーム。

  gra2_03.JPG

 はるか昔、グラディウスの続編のはずであった「沙羅曼蛇」、そのマイナーチェンジ版
「ライフフォース」引き続いて、なぜかグラディウスIIなんてのが、ゲームセンターで登場した。

 「なんだ、沙羅曼蛇は外伝だったのか・・・」と、高校生のわたしは思った。

  gra2_00.JPG
 最初はグラディウス ツー と聞いて、MSXパソコンで出てた「グラディウス2」の移植作品だと
思ってワクワクしたけど、まったくのオリジナル作品だったのでびっくりして、他人のプレイを観察
してました。

 うーん、爆発のグラフィックとかは沙羅曼蛇より粗いなって思ったり、サウンドのドラムが
(ADPCMのせいか)乾いてるなぁって思ったり。
 沙羅曼蛇ではFM音源のドラムで、電子ドラム的なかっこよさがあったんだけどね。

 でも、壮大なスペースオペラ的な感じが出ててとてもいい感じのゲーム。

 このゲーム、シャープX68000でも同様の出来のいい移植作品が発売されたんですが、
わたしがこの基板を買ったのは、それが出る前でした(泣)。
 ただ、音に関しては、X68000の内蔵音源よりは基板のほうがわずかにゴージャスな感じに聞こえましたので、まだ基板を持っている価値はあったのは確かでした。

 gra2_01.JPG
 なんと、業務用グラII基板は、CPU68000を2基搭載してます。
 業務用はやはりゴージャスですね。でもX68000に使われている68000は一個だけ・・・。
 X68000版では徹底的なプログラムの最適化が行われたのは明白です。

 gra2_02.JPG
 YAMAHA FM音源 YM2151と3012。
 この基板では、AD-PCMもついてますが、どのチップかよく分かりませんでした。

 ところで、グラディウスIIが発売された年にファミコン版も出てきたんですが、
これが、ものスゲー出来で、取り付かれたようにプレイしてましたね。

 あー久しぶりにX68000版、プレイしてみよっと。
posted by 難波鷹史 at 21:26| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック