2019年05月22日

CZ-601Dの修理の続編

X68000のテレビモニターの整備修理の続きの記録。
 これがまともに直ってくれないことには、本体の修理レストアに移れません。

 症状は、自動明るさ調整機能とかはないのに、黒レベルが明るくなったり暗くなったりすること。
これの故障については、まったくネットでヒットしません。ブラウン管の修理で有名な掲示板でもないんですよ。

 ツイッターで書いた通り、前面のボリュームコントロール系の基板にカーボングリスを塗りましたが、なにも変わりませんでした。
 つづいて、基板のほぼすべてを再はんだしてみて、組み込みましたが、緑信号が出ません。

 気を取り直して、ブラウン管が直結しているネック基板をばらして、コネクター部分をエアーブロワ―で吹きましたところ、なんだか長細い白い毛がふあーっと散っていきました。

「緑が出ない原因はこのモルモットの毛のせいか?」かどうかは、よく分かりません。
 角はんだや加熱しすぎで表面があれているはんだを取り去って付けなおすなど、数点行ってから組み込みました。

 2019-05-19 01.15.22.jpg

 次の日に電源をつけてみましたら、右上に表示される「ビデオ」の文字もきれいに緑色で表示されました。
 DVDを映しても、問題ないように見えました。
 PCエンジンをつなげてみて、黒レベルも安定しているように見えるけど、ファミコンだと映像にノイズが走り、黒レベルが安定してるんだかしてないんだか断定できません。
 この改造したファミコンの映像出力も、見直さないといけませんなあ。

 まぁ、とりあえずこの状態で、もう少し様子をみてみます。これでだめだとするとコンデンサー以外の電子部品が壊れかけていることになります。もう手に入らないトランジスターとかもあって、なかなか手ごわくなるでしょう。

 フライバックトランスとブラウン管が大丈夫なら、直るとは思うけれどもね。











posted by 難波鷹史 at 14:04| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

正しいIXルータのフィルター設定

忘録として記録。やっとVPN接続問題が解消しました。

 2019-05-13 20.20.31-1.jpg

 原因はフィルターのかけ方でした。
 だいたいネット通信は、相互通信ができなければ意味がありません。当然フィルターは一つで、inとoutの指定で、勝手によろしくやってくれるとそう思い込んでいた僕は、同じフィルターをINとOUTに使ってしまい、片方向しか通信ができないというトラブルをしょい込んだわけです。

 さて、解決法です。

 拠点先のLANネットワーク 192.168.10.0/24 と、拠点元のネットワークの中にある1台 192.168.1.100 とつなげる場合とで考えます。
 NECのIXルーターはIP access-list(以下アクセスリスト)というものを作って、接続設定に紐づけることでフィルターが働きます。
 拠点先から拠点元、つまり自分のところに入ってくるINするアクセスリストと、拠点元から拠点先へ向かわせるOUTするアクセスリストを作ります。
 IXルーターのマニュアルには「送信元を限定する場合は in 宛先を限定する場合はout」のような何だか分からない説明がされていました。これじゃ分かりませんって…。

 まず、外、つまり拠点先からやってくる通信を許可するINアクセスリストを作ります(ルータとのコンソール接続は当然できているものとして書きます)。

 Router(config)# ip access-list 名前-in permit ip src 192.168.10.0/24 dest 192.168.1.100/32

 もし間違って書いてリターンキーを押したときは、入力した内容をカーソルキーの上で表示して、先頭にnoをつけてリータンキーを押します。これで登録した内容は削除されます。

 例えばこんな感じ
 Router(config)# no ip access-list 名前-in permit ip src 192.168.10.0/24 …

 INアクセスリストを説明すると、
 名前-in は任意の文字列です。-in をつけた方が分かりやすいでしょう。permit は 許可のこと。ip src は送信元のipという意味。
dest は 送信先です。この場合はin の設定ですので、自分ところのPCのIPアドレスを書きます。
ちなみに/24とか/32はネットマスクです。これでIPアドレスの範囲を変えられます。IPネットマスクで調べてくださいね。

 次に、内から外の通信を許可するOUTアクセスリストを作ります。

 Router(config)# ip access-list 名前-out permit ip src 192.168.1.100/32 dest 192.168.10.0/24

 意味は同じですが、先ほどと送信元、送信先が入れ替わっていることに注目してください。

 次に接続設定に紐づけます。VPNのinterfce名は、ルーターのウェブページから設定データの管理等で確認します。以下はTunnel0.0の場合です。

 インターフェイスコンフィグに入ります。

 Router(config)#interface Tunnel0.0

 ip filterコマンドでアクセスリストを紐づけます。

 Router(config-Tunnel0.0)#ip filter 名前-in 10 in

 Router(config-Tunnel0.0)#ip filter 名前-out 10 out

 アクセスリストの名前の後の数字は、適応する優先度のようです。内容がかぶってるわけではないのでとりあえず10で間違いないようです。
 以上で間違いのないフィルターを設定できるのではないかと思います。同じ問題で悩んでいる人の参考になればと思います。

余談
 このようなことは、進んだウェブGUIをサポートしたルーターならなんのことはないと思いますけど、こういうコマンド入力しか方法がないというのは、専門家利権が関係しているようで、僕はどうもいけ好かないんですよね。








posted by 難波鷹史 at 20:51| 京都 ☁| Comment(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

豚骨ラーメンの自作とか

およそ3か月ぶりのブログです。

 ここんところの出来事を書いておきます。

・豚骨ラーメン制作

 2019-05-04 15.55.39.jpg
 徒歩3分ほど近くのスーパーで豚のげん骨が手に入ったので、豚骨ラーメンを作りました。
 圧力鍋で作ると、独特の臭みが出て、これは鶏ガラや手羽先でも同じで、圧力なべでの加熱の後は、普通に一時間ほど煮込むのがよいみたいです。

 2019-05-05 22.36.18.jpg
 煮込みなおしたやつはなかなかおいしかったです。
 ただね。乳化はしてるようだけど白濁しないんだよねー。なんか知らんけど。
 水が2リッター、豚骨が1kgで、あと昆布と長ネギ、しいたけ、乾燥ニンニクスライス適量入れました。
 圧力鍋で計3時間、通常時間で換算したら(たぶん)9時間は強火で煮込んでると思うのですよ。
 いろいろ分からないので、あちこちのお店の師匠に聞いてみたいです。

・ネットワークの悩み

 2019-04-17 17.54.21.jpg

 会社でのネットワークの不具合がありまして、はじめて接続した拠点間IpsecVPNがうまくきません。
最初、接続できない不具合があり、結局は拠点先のミスだったのですが、GWあけてから、接続はされているのに
拠点先にある対象のサーバーにアクセスできないというトラブルが発生。
 以前からスマートフォンからのリモートVPNに接続できない不具合も、なにもしていないのに発生していて、
僕はには故障しているような気がするんですよね。このルーター。

 ちなみにVLANを構築して、別ネットワークセグメントからWindows機にPingできない場合は、Windowsの設定→更新とセキュリティ→
Windowsセキュリティ→ファイヤーフォールとネットワーク保護→詳細設定→左のメニューの受信の規制をクリック
ここで、ファイルとプリンターの共有(エコー請求-ICMPv4受信)を探して、右クリックでプロパティを開きます。
スコープというタブの中の「これらのIPアドレス」となっているのを「任意のIPアドレス」に変更します。

 pingが通らないのでさんざんルーターの故障を疑いましたけど、この別セグメントからのPing要求許可に関しては、ネットの情報が少なめでほんとに参りました。

 で、このVPN問題でしょ。さすがに疲れました。
 ちなみに本日、リモートVPN機能が正常に動いたりしていまして、リモートが動けば、拠点間が動かずという変な具合になっています。
こちらはNECを巻き込んで、原因を調査中です。


・もうすてる寸前だった電気毛布

 2019-05-02 14.24.29.jpg
 電気毛布が点きませんと、捨てる前に、まず僕のところに家電が集まります。
 素人の浅知恵というんですかね。もういきなりコンデンサーの交換しましてね。動きませんよそりゃ。

 ゴミ箱にすてようかと思いながらじっと基板をみるとですね。あっ何あの白いボックス? もしかしてヒューズじゃないのん?

 調べてみたら、中央に温度ヒューズ、左右に抵抗を内蔵した部品でした。テスターで測ってみたら、電気が通りません。
 たぶん、基板部分も毛布で包んで使ってて壊れたんでしょうね。

 2019-05-02 14.29.28.jpg
 会社のサーキュレーターを修理した時の温度ヒューズが余ってたので、取り付けてやりました。
 昨日から少し寒かったので、直ってよかったです。




posted by 難波鷹史 at 18:55| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする