2015年05月29日

XMailの運用 587番ポートの利用 for debian Linux

回記事のリベンジとなります。

XMailのWindows版での運用において「587番で待ち受けるには」っていうのをインターネットで検索すると、XmailCFG環境設定の「SMTPポート」を

 0.0.0.0:25 0.0.0.0:587

 と記述すれば、超簡単!! みたいな記事がいっぱいでてくるんですけど、なんでこうもLinux版での記事が皆無なんでしょうか。
当方のLinux Debian でやりましたら、なんだか動きませんというのは前の記事で書きました。

Windowsではこうした起動時に影響する設定はレジストリーに書き込まれて、プログラムが再起動されますが、Linuxは起動スクリプトを書き換えて再起動ということになります。しかしXmailCFGにその機能はありません。

 そこで、Windowsでレジストリーにどのうような値が設定させるのかを確認すればLinuxでも同等の機能を使えるはずだと思いました。

 わざわざノートPC(Windows vista)にXMailサーバーとXmailCFGを入れて、上記の「超簡単!」な方法を行って、起動時にどのようなコマンドを発生させているか、レジストリーを見てみました。
 こうなってましたわ!

 Cl -Mr 24 -Pl -Ql -Sl  -Cp 6017 -Wp 6018 -Fp 79 -Pp 110 -Bp 995 -Xp 465 -SI 0.0.0.0:25 -SI 0.0.0.0:587

太字のお前がキーか! やっと突き止めた。

XMailの起動スクリプトの XMAIL_CMD_LINEの環境変数に

 -SI 0.0.0.0:25 -SI 0.0.0.0:587

 この二つの-SIオプションを書き込んで再起動するだけです。
これで、587番の待ち受けができるということで、たとえば自宅サーバーなど立てているユーザーが移動媒体などで、外では587番に設定していて、家に帰ってきて、25番に切り替えるなんていう、めんどくさいことはしないでよくなります。

 このブログでは紹介していませんが、内向けのDNSサーバも動かして、LAN内でドメイン運用できれば書き換えの必要は一切なくなります。ipadとかノートPCなど移動媒体がなければ別にいいんですけどね。

posted by 難波鷹史 at 16:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

XMail(debian Linux版)にてポート587番で待ち受けさせる方法

日、LAN内部からドメインでメールサーバーを使えるのはいいけど、ポート番号も設定の変更なしで使いたいのことで、相談を受けまして、外からならポート番号587で入ってきた信号を、サーバーの25番へつなげるようにルータに設定すればいいけど、内側からとなると、メールサーバーが実際に587番ポートでSMTPが動いていないといけない・・・。

 それで、XMailで行うには? ということなんですが、これがいくら検索しても、Windows版にてXMAILCFGを使う場合ぐらいしか資料がない。
 もちろん、当方管理のサーバーもXMailCFGはLinux環境で動かせているけれども、動かないところもある。
特に起動時のコマンドに関するあたりは、挙動があやしく、たとえばXMailCFG環境設定のSMTPポートの項目にてヘルプにある以下の設定をしても、SMTPサーバーにアクセスできなくなる。

 0.0.0.0:25 0.0.0.0:587

 影響を無視してくれればいいのに、中途半端に反応します。

 では、どうするかっていると、XMailCFGに頼らないこと! これにつきる。
 起動に関するところは、直接起動スクリプトから直接指定することで、すべて解決いたします。
 起動スクリプトにある起動のコマンドを設定する部分に設定を追加します。

 XMAIL_CMD_LINE="-Sp 25 -SI サーバーのローカルIP:587"

 例 XMAIL_CMD_LINE="-Sp 25 192.168.1.4:587"

 -Sp 25 はSMTPサーバーの待ちうけポートの設定。-SI サーバーのローカルIP:587 はバインドするIPとポートを指定します。
バインドするIPは自分自身なので、同じサーバーのIPを指定します。

 これで、あなたのXMailはWindows版に負けないほどの活躍してくれるでしょう。
前の記事を合わせて、Linuxで動かすことに挑戦してほしいと思います。

 横線で書いたことをやってもなぜがポート25番での待ちうけができない模様。つまりリレー送信はできるけど、一切メールを受け付けなくなる。意味が分からん。また考えて後日リベンジ記事をアップします。 


 さて、話は変わりますが、2013年に修理したMX8736Jのグラフィックカード。2年と少しの歳月を経て、症状が再発しました。
 またフラックスを流し込んで、ホットガンで炙ってやりました。一応直りましたが、今度はどれだけ長持ちするでしょうか。

2015-05-25 10.59.38.jpg 2015-05-24 23.15.38.jpg
 ノートパソコン全般に言えると思いますが、キーボード上部のパネルさえはずせば、なしくずし的に中を開けることができます。
 このMX8736Jはツメだらけでなかなか、手ごわかったです。二枚目の写真は、ファンの軸の留め金がプラスチックで再利用できなかったので、ステンレスワイヤーをV字にまげてはめ込みました。困っている方は参考にしてください。

posted by 難波鷹史 at 19:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

朗読したら背中が筋肉痛の巻き

日、朗読会にて、マイクを使わず15分ほど朗読したら、次の日背中が筋肉痛になった。
運動不足というか、いろいろな面で、身体が守備モードになってしまうようで、無駄な動きをしないでおこうとするみたいです。

GWからなんだか時間が取れなくて、一夜漬けで、読み込んで時間を計って15分に収まるように削って……
とやるというのは、さすがにわざわざ自宅から出て足を運んでくれるお客様には、失礼かと反省する思いであります。

 2015-05-11 16.07.09.jpg

 で、長い間、自分で録音して聴くということをしていないので、思ったより表現をコントロールできていなかったようで
それも反省。やっぱりそれなりに読めていることに満足しているようではそれ以上の進歩はないかと思います。
ここは、やっぱり自分の声を聴いて、感心したりツッコミを入れたりすることは必要だと思います。


 sonokido.jpg

 朗読劇団あめんぼ座さんが公演されるので載せておきます。
 お金を取ってされる朗読劇とはどこまでのものか僕はしらないのですが、
一度、見に行きたいなと思っています。
うむ…当日券が3000円か…なかなか…。
台本を持たない演劇とそう変わらない感じで、なんだか高い感じがするのは、やっぱり朗読を演劇カテゴリーの中でも低く感じている表れなのかな。




posted by 難波鷹史 at 09:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読と演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

スピーカーの修理 TOSHIBA DYNABOOK TX/66CM

 理して使用中の東芝 ダイナブック TX/66CMなのですが、最近音量を上げると、
音が割れるようになりましたので、スピーカーを取り出して確認してみました。

 2015-05-03 01.39.10.jpg 

 スピーカーコーンの周囲の部分、スピーカーエッジと呼ばれる部分ですが、やっぱり割れています。
 左のスピーカーが特に広範囲に割れてまして、音も酷くびびります。右のスピーカーも軽症ですが、ひび割れが起きていました。

 大きなサイズのスピーカーでしたら、セーム革や布を充填用シリコンや液体ゴムで固めたものでエッジを自作して、取り付けるのが主流のようですが、直径2cmにも満たないスピーカーエッジなど、細かすぎて無理な工作です。しかもユニットは分解することなど考えて作られてはいませんので、ナイフで割るしかないようです。

 スピーカーエッジが朽ち果てて、隙間が空いていれば、ミクロな工作をしないといけないかもしれませんが、今回は割れているだけですので、液体ゴムを塗って割れを直してみました。

 2015-05-05 17.27.55.jpg

 ユタカメイクの液体ゴムクリアーをAmazonで購入。
 透明色なので、アクリル絵の具の黒で着色して、水で薄めてから、数回、塗って乾かすを繰り返すだけです。

 2015-05-07 13.43.04.jpg

 結果はバッチリ成功です。
 音を鳴らして、スピーカーコーンの上下運動があまりに激しく動くようでしたら、ひび割れてると判断して、早めに対処してください。
 割れて朽ち果ててからの修理は不可能ではないでしょうけど、かなり大変そうです。

 ひび割れが起きる前から、強化策として先に塗っておいてもいいかもしれませんね。

 




posted by 難波鷹史 at 13:56| 京都 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする